ゴルフ部について

ゴルフ部概要

■ゴルフ部の方針

慶應義塾におけるゴルフの歴史は日本のゴルフの歴史そのものであります。同好の学生が共にゴルフを楽しむことから始まった本塾ゴルフ部は、1922年に創立され2012年には90周年を迎えます。我々ゴルフ部は、学生ゴルフの本分である「学業とスポーツの両立」という基本理念を忠実に守り、マナーとエチケットを重んじ、審判のいない自己判断によるルール遵守の精神に基づくゴルフを目指しています。気品の泉源、知徳の模範たる慶應義塾の看板を背負うに恥じない人格の形成を目指し日々努力しています。

■活動内容

基本的に試合は5月に春季リーグ戦、6月に関東学生、8月に早慶戦、9月に秋季リーグ戦が行われ他にも個人戦等が多数あります。これらの試合で少しでも良い結果が残せるよう我々は日々練習に励んでいます。次に、男女別に具体的な練習内容について説明します。

男子部=週に4日間(火・水・木・金・土 平日は4日間のうち3日間)朝の7時から9時まで行われます。時間が早いのは授業に差し支えのないように考慮してあるためであり、基本的には朝以外は部としての活動はありません。また、毎週木曜日にはプロギアが部室に来ていただきビデオ撮影によるフォームチェックやアドバイスをして下さいます。さらに、フィジカル面では月に1回、菅原賢先生の下でトレーニングの指導、食生活のチェック、体のバランスチェック等をしております。
合宿は春休みと夏休み、また三田祭期間中に行われ、春休みにはグアムへ1ヵ月間の海外合宿(自由参加)もあります。この合宿を通じて大きく力を伸ばしている選手が大勢います。

女子部=週に4日間(火・水・金・土)朝の7時から8時30分まで行われます。日吉の1時限目への差し支えはなく、三田・湘南藤沢など他キャンパスでの1時限目授業の場合は週1日まで欠席が許されています。4日間それぞれ筋力・瞬発力・持久力などのテーマを持ち、90分間を有効に使い、ゴルフの向上に必要な要素を鍛えています。また、心・技・体をバランスよく養うべく、毎週木曜日には岩本コーチによるレッスン(有志)、月1回辻秀一先生によるメンタルトレーニングと菅原賢先生によるフィジカルトレーニングをお願いしています。
合宿は、夏休み・春休みに行われる全員合宿、春季・秋季大学対抗リーグ戦におけるレギュラー選手選考合宿、三田祭期間中の合宿など、学校が休みの期間に多く行っています。
部室での練習、午後ラウンド、部内月例会で腕を磨き、経験を積むことにより、1年生でも個人戦などの試合に出場することが出来る環境が整っています。さらに、班活動やミーティングなどで部員同士の関係を密に繋げています。

■練習場

部室に60yard練習場10打席、鳥かご3打席、バンカー練習場を完備。塾高ゴルフ部、女子高ゴルフ部もここで練習しています。

■ゴルフ場

練習ラウンドコースとして、某ゴルフ場(部室から車で30分!)にて午後3時以降無料でラウンドすることができます。要請によりキャディーのアルバイトもしますので、必要な費用も自分で稼げます。

■専属コーチ

OB、OGの監督、コーチ陣に加え、心・技・体それぞれの分野において外部の専属コーチがついています。私達はこの3分野を徹底的に鍛えることによって常に勝てるチームを作っていこうとしています。

>>コーチ陣のデータはこちらをご覧下さい